カードローンを利用して融資を受ける|申し込みの条件や注意点

借りる時には何が必要?カードローンの基本を知る

利用条件について

クレジットカード

大手金融機関にてカードローンを利用したいと考える時には、事前に利用条件について知っておくことが大切です。利用条件は金融機関によって異なるため、詳しく知りたいのであればホームページを閲覧しましょう。

More Detail

資金使途の条件

紙幣

大手金融機関にてカードローンを利用する時、その資金使途によっては融資を受けられない可能性があるのです。融資を受けることのできる資金使途というのは、基本的に生計費に関するもののみとなっているため、注意しましょう。

More Detail

融資の無利息期間

お金を数える人

大手金融機関にてカードローンを利用し融資を受けた際には、初回に限り30日の間だけ利息が発生しません。その他にも、大手金融機関であれば最短1時間で融資を受けることもできるのです。

More Detail

融資限度額や返済方法

ウーマン

日本に住む数多くの人の中には、大きなお金をすぐに用意しなければならないという人が少なからずいるかと思います。大きなお金というのは、そう簡単に用意することはできないでしょう。もし、どうしてもすぐに必要なのであれば、カードローンの利用することをお勧めします。カードローンというのは、金融機関が実施しているサービスの一つです。このサービスを利用することによって、金融機関から大口融資を受けることができるでしょう。ただし、融資限度額は金融機関によって異なるため、注意が必要です。大手金融機関の場合であれば、1万円から300万円が融資限度額になるのです。

金融機関のカードローンにて融資を受けた場合、借り入れただけの金額は翌月から返済していく必要があります。返済方法は一括か分割かを選ぶことができますが、カードローンは基本的に大口融資での利用となるため返済方法は分割になるでしょう。カードローンを分割返済する際には、借入利率に注意しなければなりません。借入利率というのは、返済額に上乗せされる金融祈願側への手数料(報酬)で、借入利率が高いほど高額になります。大手金融機関で利用できるカードローンの場合、借入利率は6.3%から16.5%となるでしょう。返済方式は元利均等返済方式となっているため、月々の返済する額の合計は完済するまで変動しません。それはカードローン返済時のメリットでもありますが、同時にデメリットでもあるのです。月々の返済額の合計が変わらないということは、完済までの返済額は元金よりも高額になってしまいます。また、完済までの期間が長くなってしまうというのもデメリットになるでしょう。